オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

一番の違いを簡潔に説明すると、印刷の際に""を使うor使わないという事になります。

版を用いて印刷するのがオフセット印刷になり、版を用いないで印刷するのがオンデマンド印刷になります。

オフセット印刷は""を用いて、一度に大量の印刷を行う事が出来るので、時間分のコストを抑える事ができます。

オンデマンド印刷は""を用いないので、版にかかる機材や料金コストを抑える事ができます。

オフセット印刷

オフセット印刷

少部数でも印刷にかかる費用は同じなので、少部数のモノは1冊あたりの単価がどうしても高くなります。しかし、一度に沢山の印刷物を作る事が出来るので、大量に印刷物が欲しい場合は、印刷時間などにおいてコストを抑える事ができます。

印刷技術の向上により、オフセット印刷は10〜20ミクロンのサイズで印刷が可能になり、通常では潰れてしまうような濃度差や、印刷で飛んでしまうような細い線などの再現性のほかに、印刷機やその方法などによって、モアレを防ぐ印刷をすることもできます。(FM印刷など)

あとは色見など印刷機側でインクを調整する事も可能です。

版を用いる事によって、色インク以外のモノを印刷する事も可能です。(ステルスアートなど)

オンデマンド印刷

オンデマンド印刷

版を必要としない事や、大きな印刷機が必要でない事、オンデマンドの機械だけで運用する事ができる点などにより、低コストで運用できます。 〜100冊。 〜60Pくらいのモノに最適です。

機械にもよりますが、一般的なオンデマンド印刷機はトナーを用いる為、100%のベタ面への印刷がハッキリ・綺麗にでます。出力機側の設定によりオフセット並の細い線の再現率も同等レベルです。

オンデマンド印刷は、家庭用プリンタの高性能版のような存在なので、原稿によってはモアレが発生してしまいます。また、小さなアミ点のものは印刷時に飛んでしまう恐れがありますので注意が必要です。

◆モアレてしまう原稿◆
アミ点がグレースケールになっている。
アミ点にアンチエイリアスがかかっている。
拡大・縮小・回転などの処理を行ない、アミ点の形が均一になっていない原稿。

  • FM印刷…微細な点の集散で階調を表現することにより、モアレの出にくい印刷が可能になります。⇒FM印刷について
  • AM印刷…規則的に並んだアミ点の大小で階調を表現します。アミ点が不規則に並ぶと印刷時モアレが発生します。