便せん・チラシ原稿の基本ルールについて

アナログ原稿の場合も、データ原稿の場合も基本的なルールは同じです。

発注サイズ

便せん・チラシでよく利用のあるサイズB4・B5サイズです。単色便せん・チラシはB4単位でのみ受付です。

仕上がりサイズ

仕上がりサイズとは、印刷後の断裁方法のことです。

  • 単色・2色印刷の場合 B4・B5×2・B5+B6×2・B6×4
  • フルカラー印刷の場合 B4・B5×2・B5+B6×2・B6×4・B5・B6×2

B5サイズまでは断裁無料。B6断裁は300円UPです。※前金の場合は内税、後払いは外税

原稿用紙について

他社製品の原稿用紙でもかまいませんが、必ず原寸サイズで作成してください。黒いトンボがある原稿用紙ですと、大変助かります。当社で面付け作業を行いましたので切ったり折り曲げたりせずにご入稿ください。

基本的にB5原寸サイズ182mm×257mm内に絵などを描きます。しかし、断裁の際に若干のズレが生じましたので切れてはいけない文字やロゴなどは仕上がり(タチ切り)線より5mmは内側へおさめてください。ベタやトーンなどのタチ切る効果のものは、塗り足し線をこえるよう描いてください。原寸(塗り足しがない状態)ですと端に塗り残しの白がでて美しくありません。

B6便箋を作られる方は、上図にもありましたようにB5の真ん中で断裁をしますので、中心からこの5mmは内側に切れてはいけない絵や文字を収めてください。

B5×2、B5+B6×2、B6×4の仕上がり(断裁)を希望される場合、基本的に面付けは金沢印刷で行いますので、無理にB4サイズ用の原稿で作成をせずに、B5サイズ用の原稿用紙2枚で作成を行ってください。B4仕上がり(断裁)の場合は、B4サイズの原稿で作成していただいて問題ありません。

画材について

基本的には、同人誌作成時とかわりません。→詳しくはこちらへ

注意点

便箋の罫線に、ノートをそのまま貼り付けてご利用になるお客様がおられますが、薄いグレーや色のついた罫線は印刷に再現されませんのでご注意ください。

グラデーションについて

当社のグラデーションは20種類です。グラデーションは単色(1色印刷)扱いになります。フルカラー印刷ではありません。

注意点

必ず原稿用紙に、天地(グラデーションの流れ)指定をお願いします。記入のない場合、当社で判断し面付けをさせて頂きます。その際はご連絡致しませんのでご了承ください。

グラデーションの流れは、B4で印刷をしますので上図のような天から地にしか印刷が出来ません。稀に、流れの指定を横にされるお客様がおられますが対応できませんのでご了承ください。また、B4単位での対応となります。

1色・2色印刷便せん・チラシの注意点

弊社ではB4単位での受付となります。B5単位の受付は行っておりません。B5原稿1枚の場合は、弊社でB4単位に増やして印刷を行いますので無理にB4で原稿を作成されず、B5原稿1枚でご入稿いただき、注文書の備考欄に「B4に増やして印刷希望」と記入をしてください。

(例)原稿がB5原稿1枚でB4/100枚印刷注文の場合、弊社でB4へ面付け・製版・印刷します。B5×2へ断裁後、B5で200枚仕上がる形です。

仕上がり見本について

仕上がり(面付け)見本を、なるべく同封してください。(特に両面印刷の場合)見本はコピーまたは、簡易的な手描きで作成して頂き、ご入稿時に原稿と一緒に添えてください。

注意点

必ず原稿用紙に、天地指定をお願いします。あきらかに天地が表と裏で逆になっている原稿も稀にございますので、見本を作製して頂き両面の天地があっているか確認をしてください。(特にB6両面作成時にご注意ください)