画材・トーンについて

画材(筆記用具)について

原稿は、黒一色で描いてください。茶色に変色したペンや黒の濃度が薄い物は避けてください。

主にGペン、丸ペン、カブラペンといった、つけペンでペン入れを行います。つけペンを使用されない場合は、製図用のペン(ロットリングなど)をご利用ください。

ハイテックやピグマをご利用いただいても大丈夫ですが、細すぎる線・黒の濃度が薄い線は再現が難しいので極端に細い・薄い線はご遠慮ください。

適正画材 墨汁、製図用インク、油性マジック(描き文字程度)、
ロットリング等のペン(0.4mm以上)
不適正画材 鉛筆、ボールペン(特にグレーになっているもの)、
水性(顔料インク)サインペン、色ペン、細くてかすれている線

一見、黒にみえるインクでも消しゴムをかけたり原稿用紙の組み合わせによってはインクが茶色になったりグレーになってしまい再現されにくいのでご注意ください。

トーンについて

当社で再現可能なトーンの範囲は10%以上70%以下85線以内です。網点がグレーになっているもの、形状が●ではなく◆で構成されているものは、再現が難しいのでオススメできません。濃いものと薄いもの(線も含む)が同じ画面にある場合、一方にあわせれば、もう一方がうまく再現されません。

トーンにおける各種注意点
トーンの下にあって
困るものとは?
鉛筆・青ペンなどはトーンをかけると線が残ります。
厚い切り張りや、ホワイトの修正も影が出てしまいます。
これらは印刷に再現される可能性が高いのでご注意ください。
トーンが浮いてたり、
定着してなかったら?
トーンの下にある、線やベタがかすれてしまいます。
また、一部に空気が入ったままだと、ムラが出てしまいます。
トーンはヘラ等でしっかりこすってください。
トーンを重ねすぎると? トーンは半透明です。
2~3枚と重ねればそれだけ不透明になり、
下の絵が見えなくなってしまったり、
重ねた部分が潰れてしまう恐れがあります。
メンディングテープでの補強は? 白っぽく厚いメンディングテープで補強すると、
テープ跡が出たり、テープの下のトーンや線がかすれてしまいます。
より透明なテープの使用をオススメします。
ホワイトトーンについて ベタの上を飾りつける効果など色々ありますが、
ベタの上に貼るとグレーになり印刷に出にくくなります。
また描線をかすれさせる効果を狙いホワイトトーンの代わりに
トレーシングペーパーを使用するのはやめてください。
ホワイトトーンと同じ効果は得られません。

メンディングテープの貼りすぎは、かすれの原因となります。

平アミにトーンの透明部分が重なると印刷に再現されることもございます。

メンディングテープの貼りすぎで主線が薄くなっている場合、かすれの原因となります。

ベタの上にトーンの透明部分が浮いたままになっているとベタがかすれます。
また、黒ベタが薄くムラがあるものは印刷に再現されやすいです。

下書きの青い線が濃い場合、印刷に再現される恐れがあります。