• ホーム
  • 成人向け性表現を含む同人誌を作成されるサークルの皆様へ

成人向け性表現を含む同人誌を作成されるサークルの皆様へ(2013.11.21)

 ご存じの方もおられると思いますが、2013年4月19日に成人向けマンガ雑誌を出版する「コアマガジン社」に家宅捜索が入り、該当雑誌が休刊になります。7月25日に同編集者が、わいせつ図画頒布の疑いで逮捕されました。報道以降、一部の成年向けマンガ雑誌は、修正範囲を広げる・濃くする・モザイク処理をかけるといった対応を取っています。これは、商業誌における成人向けマンガ雑誌の修正基準が変わったという事になります。

では、同人誌はどう対応すべきなのかという問題が起きます。同人誌において最大イベントである「コミックマーケット」は、準備会発行のコミケットアピール85にある記事「ワイセツ表現に関する注意喚起」の中で「商業誌に準じる」と説明しています。直近のビックイベントは「コミックマーケット」となりましたので、同人誌印刷会社も現在の商業誌に合わせることになります。修正基準が変わった現在の商業誌に準じますので、印刷可能な性表現の修正は以前よりも必然的に厳しくなります。これらをご理解の上、成人向け性表現の修正をお願いします。

 

成人向け同人誌を作成する際の注意点

  1. 18禁・成人向けマークを表紙(表1)に載せる。
  2. 表紙に過激な性描写をしない。
  3. 奥付にはサークル名・発行者連絡先・発行日・印刷会社名を必ず入れる。
  4. 修正は男性器・女性器は特徴的な輪郭・形状が見えなくする。
    性交シーンは結合部が見えなくする。
    修正は黒ベタか白抜きで行い(網掛けは不可)、線ではなく面でお願いします。
    細い線を複数並べるのは不十分な場合がありましたので面でお願いします。
    金沢印刷はモザイク処理による修正では印刷が請負えませんので特にご注意願います。
  5. 修正の有無に男性向け、女性向けといった印刷内容の対象性別は関係ありません。
  6. イベントの直近に発売された成人向けマンガ商業雑誌が目安となりますので参考にして下さい。

上記1〜6は、金沢印刷の修正基準となります。各印刷会社により修正方法は違いますのでご注意ください。

上記は、刑法175条の「ワイセツ図画」に関する問題であり、児童ポルノ法や青少年健育成条例とは違います。18禁マーク等をつければ良いという訳ではないのでお間違いの無いようお願いします。しかしながら、刑法175条「ワイセツ図画」に関しては明確な基準は存在しません。逮捕・起訴判断基準はイベントでも印刷会社でもなく警察にあります。「表現の自由」が保障されているとはいえ公序良俗に反することはできません。

日本特有の文化である同人誌を広く、永く、多くの人が楽しめるようサークルの方々もご協力お願いします。

成人向け性表現に関する修正基準はイベント単位ではありません。コミックマーケットを含む全てのイベントで刑法175条が適用されますのでご注意ください。

修正に関する疑問はお気軽に電話(金沢印刷082-504-6505)でお問い合わせください。
「成人向けジャンルの方へ重要なお知らせ」も合わせてご確認をお願い致します。

【注意喚起】