2色刷り原稿作成について

2色刷り原稿の場合、それぞれのインクごとに1枚の原稿を作成します。1枚の原稿から2色刷りにはできませんのでご注意ください。

例題として、基本色14番とWG-39の場合とします。単色印刷はB4単位の印刷ですので片面2色印刷の場合、合計4枚の原稿用紙が必要となります。

14番用の原稿と、WG-39用の原稿を用意します。上に重ねて描く場合、トレーシングペーパーを利用すると簡単です。(厚手のものをおすすめします)

まず、14番用の原稿をかきます。その上にトレーシングペーパーの原稿をのせてトンボをあわせたら、セロハンテープで動かない様に止めます。上から下の絵を合わせながら絵を描いていきます。トレーシングペーパーを使用しない場合、ライトテーブルに透かして作業されることをお勧め致します。

印刷後見本

このような仕上がりになります。

わざとずれる効果の2色の場合、その旨を原稿用紙の欄外もしくはご入稿時に別途ご連絡ください。またコピー原稿で2色を作成される場合、コピーはどうしても若干のズレが生じますので、あまりオススメできません。